オーストラリアの非居住者も入国可能に、豪政府が一部渡航規制の緩和を発表。

YES!! オーストラリアへの旅行・ワーホリが一歩近くなった

 

訂正-オーストラリア、ニュージーランドからの渡航規制緩和へ | Reuters https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-australia-newzealand-idJPKBN26N0Q6

 

ロイターニュースの記事によると、

オーストラリアはニュージーランドに対して、

一部渡航制限解除を発表した。

 

今まで豪州への入国は、

自国民(オーストラリア永住権者)及び、

一部の許可権者のみだった。

 

しかし、

記念すべき事に2020年10月16日をもって、

ニュージーランドから入国が可能になる予定だ。

 

 

では、

オーストラリアへの観光目的での入国、

ワーキングホリデーの開始どうなるのか?

 

元居住者の視点から考察します。

 

オーストラリアのワーホリ・観光開始時期について

希望的観測と現実問題

豪州政府は当初、
早い段階での観光産業復旧を予定していた。

しかし、
メルボルンでクラスター発生などの、
コロナ問題が豪州国内で再び勢いを増した。

コロナ発生当時にロックダウンを敢行したQLDにし対して、
NSW・VIC等は冷ややかな目線を送ったが、
今となっては対岸の火事では済まない状況に。

今となっては、
ビクトリア州・ニューサウスウェールズ州から、
他州への移動が困難となっている。

困難というよりは、
QLDはVIC/NSWからの入州を拒否しています。

QLD、ナイス判断!!と、
元住民からエールを送っておきます。

 

オーストラリア政府は日本よりも有能か?

メルボルンでのクラスター再発生や、
ビーチなどでの再感染が危惧されたが、
その実オーストラリアの感染者数はひどくはない

いや、
ひどくは無いというよりも、
むしろ・・・かなり良くやっていると言えるだろう。

もし私の意見を確かめたいのなら、
便利なサービスがある。

Google 検索©googleで、
オーストラリア コロナと入力し検索するだけ。

オーストラリア コロナ – Google 検索
https://www.google.com/search?q=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2+%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A&oq=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2+%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A&aqs=chrome.0.69i59l4j69i65j69i61l3.2231j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

そうすると、
オーストラリアのコロナの状況が
手に取るように分かる
だろう。

実際に、
2020/10/02の新規コロナ感染者数は、
オーストラリア 17名
日本                 652名
となっている。

どう?

日本はオーストラリアの、
38倍!! コロナに感染しています。

38倍ですよ!! 38倍!!

それなのに、
GO TO コロナ感染キャンペーンを展開して、
感染拡大に努めてらっしゃる!!!

すばらしい! もっとやれ。

日本人の日本離れを応援します

 

、、、でも日本人は声を上げないよね。

こんな事AUSでされたらデモ行進一目散だぜ。

まぁ、日本人は海外情勢あんまり詳しくないもんね~。

旅行はしても、住んだり仕事しないから無理もないか。

 

という毒にも薬にもならない話はおいといて、
実際問題、感染者数にこれだけの開きがあります。

また、
感染以外にも気になる事があります。

 

ワクチンが先か、全滅が先か

コロナ対策に有効な手立てとして、
“ワクチン”研究開発が盛んに行われている。

現段階では、
コロナワクチンの摂取年明けを予定されている。

なお、
ロシアではNEW!!ロシアンルーレットとして、
対コロナワクチンの“スプートニクV”が開発され、
現場での活用が急がれている。

また、
某国大統領2020年内に国民全員にワクチン供給を目論むも、
自身がコロナで倒れるという皮肉な結果になっている。

一刻も早い回復をお祈りします
…とんだオクトーバーサプライズになりましたね。

 

しかしながら、
現実的な事を考えるのであれば、
ワクチン供給2021年4月以降になるのではないだろうか。

勿論、
重篤な副作用が発見されず
市場に十分な量が行き渡ればの話だが。

絵に描いた餅は美味しいが、
腹にたまらないのがネックだね。

 

全く以て余談だが、

米Twitter社は”「死ねばいいのに」ツイートは削除する”と警告しています。

う~んこの、グウ畜感。

 

オーストラリアへの渡豪は、2021年10月以降になる?

日本からオーストラリアへの観光ワーホリ目的での入国を、
コロナ感染拡大、ワクチン問題、国境の試験的開放、
これらの事情を加味した上で思案する。

正直、
年内開始の線は今の現状を踏まえると、
100%アリエナイ

また、
ワクチン開発・供給を念頭に置いて試算すると、
2021年初頭も現実的に厳しい

仮に、
2021年2月に供給されたとしても、
最低3ヶ月はグズつきそうだ。

そうなれば、
6月から入国が開始できそうなものだが、
オーストラリアの会計年度7月始まりなので、
7月初めに解禁される可能性は十分ある。

なお、
何処の国とは言わない・・・・・・・が、
こんな現状なのにオリンピックを2021年7月23日(金)に開催する気満々でいる。

一体どこの国だろうね

などの大人の事情を加味した上で結論は、
2021年7月解禁 or 一悶着あって2021年10月解禁

こんな感じになりそうだ

正直国民としては
頭にぶら下げている人参を食べるよりも
手に持っている焼け石を何とかしてほしいものだが

あぁ…帰ってくるんじゃなかった。
、、、早く豪州に戻ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です