[4コマ漫画deワーホリ] ホテル予約サイト え…どれも同じですよね?

ホテル予約サイト一覧

 

ご利用前に(利用規約/プライバシーポリシー)

[ワーホリ・旅あるある] 実物はいつも1つ!!

ホテル予約サイト一覧 ホテル予約サイトの違いが分からない 真実はいつの時も1つ 予約は色々、部屋は1つ

 

ホテル予約サイトに、損や得がありますか?

どうも、
陰々滅々系ワーホリメーカーのTです。

今回はワーホリ・海外旅行に必須の、
ホテル予約サイトについてです。

突然ですが、
ホテル予約サイトに得とか損とかあると思います?

海外・国内旅行を豊富に行ってる人なら、
あります答える人が多いのではないでしょうか。

逆に、
海外旅行・個人旅行の経験が無い人は、
え? 違いとかあるの?と思っているのかもしれません。

ぶっちゃけた話、
予約サイトによってお得かお得じゃないか
この違いはあります

 

得するケース、損するケース

例えば、
同じ部屋を予約した場合、
A社は35%の割引B社が30%の割引のように、
割引率が異なることがあります。

また、
レンタカーや、航空券とセットにすることで、
宿泊費が大幅に割り引かれるプランもあります。

さらに、
A社のサイト上では満室なのに、
B社が空き部屋持っていたり。

この様に、
同じ部屋を予約したとしても、
ホテル予約サイトによって得したり
逆に損する場合があります。

ただし、、、

 

ホテル選びのプロでも苦戦する世の中に

本当の意味での、
1番のお得”を探すのは非常に難しいです。

ホテル/ドミトリー探しが初めての人にとって、
探し出すことが難しいのは当たり前です。

また我々の様な、
ある種旅に慣れた者達でも、
やはり苦戦を強いられる事もあります。

では、
ホテル予約の達人と呼ばれる人達ならどうか?

ぶっちゃけ、
彼らをもっても“1番お得なところ”を探し出すのは至難の業でしょう。

もちろん、
お得な宿を探すセオリーあります

確かに、
お得なホテルを探す上でのセオリーはありますが、
セオリーよりも状況によって変わります。

では何故、
1番のお得”が難しいのでしょうか

その答えは
ホテル予約サイトの豊富さ・・・にあります

より簡単に言えば、
選択肢がありすぎるのです。

 

ホテルブッキングサイトは、春秋戦国時代に突入

多ければ良いってもんじゃない

ホテル予約サイトは、
今の世の中に溢れています。

いや、
溢れすぎと言ってもいいのかもしれません。
数えれば星の数ほど存在することでしょう。

つまり、
サイトが多すぎる 選択肢が多すぎるのです。

人間3つの中からなら、
1番最適な答えを導き出せます。

ですが、
それが10個、20個となると、
途端に難易度が跳ね上がります

今この現象が、
ホテル予約サイトに起きています。

 

お得のあり方も多様化

一昔前のお得と言えば、
宿泊料金最安!!でした。

今でも、
値段は1つの指標であり変わっていません。

ですが、
“お得=料金”の時代は終わりかけています。
今やお得のあり方も変わってきています
お得のダイバーシティですね。

例えば、
予約サイトによっては、
単純に宿泊料金を値引くだけではなく、
お得な特典も展開されています。

  • ポイント/マイレージ/クーポンの付与
  • セット料金
  • +αの追加サービス

Etc…

各社とも、
独自の戦略でお得を演出しようとしています。

これでは、
どのサービスが1番の得か調べることが、
実質的に不可能になってしまうのではないでしょうか。

また昨今、
“選ぶ側の価値観”も多様化しており、
皆一律のお得が通用しなくなったのも背景にあります。

 

ホテル選びのセオリー

とはいえ、
ホテル探しのコツといいますか、
ホテル選びのセオリーは存在します。

原点にして一番有効な方法
それは比較検討することです。

つまり、
予約サイト1社だけ見て決めるのではなく
他社のサイトも見て決めましょう

例として、
部屋1を、A社・B社・C社で検索して、
条件・価格を出せば、
どれが自分にとって一番得なのか知れます。

もし可能であれば、
予約サイトを横断して調査するサイトもありますので、
そういったツールを使えばより楽になります。

 

ブッキングサイトの使用は注意が必要です

ホテル予約サイトを使うときには、
1つ注意が必要です。

私がマレーシアに居た時
あるホテル予約サイトを使いました。

ブッキング自体はスムーズに出来たのですが、
提示された住所の場所に行っても、
一向にそのホテルが見つかりません

もしかしたら、
あったけど見つけれていないのかもしれません。

ですが、
考えられる要因が後2つあります。

1つ目
WEBサイトの住所が間違っていた・・・・・・・・

2つ目
実は偽のホテル・・・・・で、
当日キャンセルの料金が目当てだった。
いわゆる詐欺ですね。

今となっては真相は謎ですが、
みなさんも使う際には気をつけてね。

因みに、
台湾のホテル予約でも、
ダブルブッキング事件が発生して、
予約取り消しに苦労しました。

アノ当時は英語ホントに話せなくて、
相当苦労したね。

え? 今?
エイゴムズカシイーヨネ。

 

ホテル予約サイトよりもお得に泊る

これは裏技に近いやり方ですが、
ホテルの料金を安くする方法があります。

ん~ でも、
日本人にはあまりお勧めしないかな?

いや単純に、
“交渉で値切る”文化ってないでしょう?日本で。

交渉で値切る方法もあるんですよ。

例えば、

  • 1週間滞在するから値段下げてくれとか、
  • フロント閉まるギリに行って直前割り貰うとか、
  • ワークエクスチェンジで無料宿泊したり。

これらの方法を使えば、
宿泊費をかなり低く抑える事が出来たりします。

なお、
観光ビザでのワークエクスチェンジは、
違法になると思います。

そして、
中・高級ホテルでの値交渉はやめましょう。

物には適正価格・適正サービスの概念がありますし、
何より品格が疑われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です