[4コマ漫画deワーホリ] 両替所のご利用は計画的に

空港の両替所

ご利用前に(利用規約/プライバシーポリシー)

 

[ワーホリ・旅あるある] 足りないと困るけど、多くても困る

空港の両替所 計画通り 多めに両替する 現地通貨が余る

 

楽がしたいから、面倒事(外貨両替)は先に済ませる

メタイ話ですが、
第3回目?なのに未だ日本から出国せず
関空の中を徘徊しています。

徘徊ついでに、
日本円を豪ドルに両替しておきます。

え?
空港の両替は高くて損だろって?

んー まぁ、
そう言われればそうかもしれません。

確かに、
両替に関しては色々なオプションがありますし。

それでも個人的には、
毎回空港で先に両替しています

・・・なんで?

 

それは、海が あ!

じゃぁ今回は、
ブログの時間軸合わせも兼ねて、
両替について解説しましょう。

なおコレに関して良いアイディアがあれば、
教えて欲しいかな。

 

あなたはドッチ派? 海外旅行での通貨両替

お金の両替については、
実に色々意見が分かれます。

なので先に断っておきますが、
Tのやり方が正解というわけではありません。
あくまでも選択肢の1つとして受け取って下さい。

 

Tの場合

私の場合は、
余程の理由が無い限り、
日本の空港で外貨両替するようしています。

理由は3つあります。

  • 海外窓口より安心できる。
  • 到着後すぐに動き回れる。
  • 両替所を探さなくていい。

では
1つ目の理由から順に解説します。

 

海外窓口より安心できる

海外の空港の両替窓口は、
市中と比べて比較的安全だと考えられます。

ですが、
日本の方が手続き業務に関しては、
確固たる安心感があります。

というのも、
海外のスタッフさんって余り信用できないのよね…
あ、いや、まぁ、Tが人間不信というのもあるんだけどさ。

それでも、、、
けっこう雑じゃね?業務全般。

良い意味だと大らかで、
悪い意味だと大雑把なんですよね。

だからまぁ、
金がらみでのミスは本当に怖いわけで。

沒問題、ไม่เป็นไร、No worries、、、
じゃ済まないからね、金は。

 

到着後すぐに動き回れる

このメリットも大きいです。

現地の到着時刻によっては、
空港の両替所が閉まっている事があります。

特にLCC等の格安キャリヤーを使うなら、
深夜早朝の到着便が多いです。

もし日本円しか持っていなければ、
お腹が空いても何も食べられませんし、
喉の渇きも潤すことが出来ません。

 

と、恐ろしい事をいいましたが、ご安心を。
空港の中の飲食店であれば、
基本的にクレジットカードが使えます。

また、
日本円の使用を認めてくれる所もあります。

ですが、
日本のクレカを使うと、
チャージ為替手数料取られたり、
日本円の実効レートが大分低くなる事もあります。

なんだかんだで、
メニュー表の料金よりも高くつきます。

 

両替所を探さなくていい

ここでの両替所とは、
空港ではなく街中の店です。

空港の両替レートが低いので、
街中での両替を推奨する人も居ます。

確かに、
レートの良さに関しては一部同意します。

ですが、
両替のためにワザワザ出向くのはチョット
だって時間的なコスト労力考えたらトントンですもん。

また、
2番と同じで営業時間の制約もあります。

 

後は、
信用性の面でも少し心配ですからね。
偽札・換金率etc…

 

信頼性といえば、
私が某国に居たとき、
あるコンダクターさんから怖い話を聞きました。

コンダクタと仲いい両替所で観光客の金を両替させて、
裏で両替所からキックバック貰う。
そんな輩が居るとか居ないとか。

まぁ、
あの人のジョークかもしれませんけど、
国が国だけに信憑性はあったな。
ハハ、笑えない冗談ってヤツだぜ。

 

両替で損したくないなら、現地の両替が1番かな?

日本円を海外で両替することで、
日本の外貨両替所よりも良いレートの適用を、
受けることができるのだとか。

コレに関しては逐一検証していないので、
けっこう不明瞭です。

どうなんでしょうかね?

ただ、
↑↑上でも話したように、
到着時刻によっては悲惨な事になります。

それに、
空港で両替できればいいのですが、
街の銀行・両替所での両替となると厄介です。

というのも、
移動費も必要になりますし、
移動する為には現地通貨が必要になります。

現地通貨を入手するために
現地通貨を使う必要がある

なんか、
あーーーーーーってなりますね。
あーーーーって

ただし理屈の上で考えたら、
海外勢は貿易の観点から日本円が欲しいだろうし、
割とこの話は的を射ているのかも?

現地両替
選択肢の中ではさいつよかもしれないね。

まぁでもこの話をすると、
最強通貨USドル・世界第三基軸通貨の元。
にお株を奪われてしまいますがね。
世界に国境なんて無かったんや…

 

フィクションですけど何か?

この話はフィクションですが、
某女子はラオス、あれ?ラオスだっけ?

ちょっとG**glemapで確かめてくる。

あぁそうだ、
ラオスでタイだ。

えーっと、
ラオスからタイに抜ける際に、
ラオス入国時の出国スタンプもらい忘れてて、
タイに出国できなくなったんですよ。

その時に、
窓口ス*ッフの方に$1*0*幣をパスポートに挟んで渡したら、
出国させてくれたらしい。

まぁあれかな?
入国時のミスを特別事務手数料で解消してくれたのかな?
よく知らないけど。

、、、フィクションだからな?
※実在の団体・組織とは関係ありません。

 

必殺! クレジットカードマン

両替する手間が面倒くさいし、
両替した通貨が手元に残るのも嫌。

だから、
私は何時もニコニコカード払い

リボで

おまっ、リボでっ!!!

という冗談は置いときまして、
当日・1泊2日程度の海外出張とか、
パッケージツアーの場合は、
クレカで全部の支払いを済ませる方法もありかと。

ただし、
為替差損益手数料チャージ等の追加コストは、
必要になると思いますけど。

んーー、
税金の観点から考えると、
支払い履歴が残るカード払いの方が良いのか。

どうだろうねぇ。

あ、ちなみに、
FXとか送金系サービス使って両替する方法も存在します。
ただまぁアレはアレでね…

なので、今回は紹介しません。

 

日本でローカル紙幣を作りませんか?

こんな事を言うと、
1億総ツッコミが来るかもだけど、
アイディアとしては面白いと思うよ。

日銀&国立印刷局とタッグを組んで、
ご当地通貨を作れば面白いと思うんだ。

例えば、
沖縄の2000円札しかり、
500円玉の記念硬貨しかり。

これの御当地Verを作ろうってわけ。

 

確かに、
キャッシュレス時代に何を言ってるんだコイツ。
と思われるかもしれないが、
旅行先の通貨が手元に残るって良いと思わない?

中途半端なお土産よりも、
現地通貨が手元にある方が旅行した感じでるじゃんね。

例えば、
北海道のローカル通貨は、
背景デントコーン畑にして牛の肖像画

熊本の現地通貨は、
クマモンと阿蘇山にするとか。

絶対に人気出ると思うんだけどなぁ、、、
旅行の思い出として。

ただ、
イタズラに通貨の種類が増えることによって、
絶対に混乱は生じると思うけどさ。

だって、
1万円札の聖徳太子、2000円の首里城、旧500円玉、新渡戸稲造、etc…
みんな覚えてないでしょ?

多分令和の世に出したら、
偽札騒動ものだぜ。

ちなみに、
2024年の紙幣のデザイン皆知ってる?

津田梅子渋沢栄一だってさ。

・・・誰だよ!!

2050年の紙幣は、
アニメキャラになってたりして…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です