オーストラリアのたばこの値段は日本のXX倍

お金が煙のように消える
https://www.beyondworkingholiday.com/

ご利用前に(利用規約/プライバシーポリシー)

たばこに火を付ける、その前に…

タバコはあなたに害を及ぼします Let’s 禁煙

 

オーストラリアのたばこの豆知識

高い高いと言われるオーストラリアのたばこですが、
いったお幾ら万円すると思います?

1箱1500円?

残念
もっとお値段が↑です。

タバコの種類によって異なりますが、
オーストラリアのタバコの値段は、
最低でも1パッケージ当たり、ウン十ドル必要です。

 

たばこには2種類ある

日本ではBOXたばこが主流ですが、
オーストラリアには2種類のたばこがあります。

1つ目はオーソドックスな、
BOX(箱)タイプのたばこ。

2つ目は日本では珍しい、
自分で巻く手巻きたばこがあります。
手で巻くタイプはRYO (Roll Your Own)と呼ばれます。

 

RYOの方がお得?

原則、
パッケージのg数が同じ(20g/20g)であれば、
内容量が同じです。

ただし、
現実的にはBOXたばこよりも、
RYOの方が割安です。

BOXたばこだと、
1本当たり0.8g入っていますが、
RYOだと平均0.5gの使用率です。

1箱が20g(25本入)なので、
RYOで25本(1箱分)喫煙したら、
たったの12.5gで賄うことが出来ます。

差し引きで、
1バケにつき7.5gの節約になります。

 

BOXをRYOとして使う

余談ですが、
Tは過去にある実験をしたことがあります。

BOXたばこをバラして、
RYOする実験です。

結果惨敗で、
全くお得ではありませんでした

燃焼剤のせいでマッハで燃え尽きるわ、
たばこの葉の刻み方が違うから巻きにくいわで散々です。

 

オーストラリアたばこのお値段とカラクリ

オーストラリアで正確なたばこの値段を知るのは、
実際面倒くさいことこの上ないです。

理由は2つあります

  • お店によって値段が変わる。
  • たばこの値上げがエグイ。

 

お店によって値段が変わる

日本では、
たばこの価格は全国共通で一律価格です。

オーストラリアの場合は、
一律価格での販売ではありません

たばこのg当たりの税額は各州共通なのでしょうが、
小売価格がお店によって若干変わります

多分、
日本みたいに希望小売価格や、
価格協定みたいなものが無いからだと睨んでいます。

実際に、
コンビニ・スーパー・専門店では販売価格が異なります。

値段の高くなる確率でいけば、
コンビニスーパー専門店の順になります。

コンビニは言わずもがな、
ガソスタに併設されているあれです。

スーパーは、
WoolworthやColesです。

専門店は、
Free ChoiceTSGです。

体感的には、
スーパーのたばこの値段を0とした場合、
コンビニ10~20%値段が高くなり、
TSG・Free Choice5~10%程度安くなります。

仮に、
Winfield 25gが$37だとした場合、
コンビニで$40・専門店$35となります。

まぁ微々たる違いですけどね。

オーストラリアでたばこが安く買えるお店を探して

 

オーストラリアたばこのお値段

以上の事を念頭に入れた上で、
概算の価格を提示するとこんな感じです。

Winfield 25g

$37~41

 

JPS 26g

$35~40

 

Longbeach 40g

$54~58

 

私が豪州に居たときは、
JPSのゴールドが約$38で買っていた記憶があります。

Port Royal Rumで、
$46だったと記憶しています。

ただし、
2020年たばこ税が増税されるはずなので、
また値段が変わることでしょう。

 

・・・
2017年にオーストラリア居たとき、
JPS$31~32だったと思うぜ。

日本の比じゃないくらい値段上がってるよね。

 

オーストラリアのたばこが高い理由

オーストラリアのたばこが高い理由は、
税金の高さによるものです。

恐ろしいことに、
毎年たばこの値段が上がっていますが、
特に2017年以降の値上がりがすごいことになっています。

2017年3月の税額が0.61なのに対し、
2020年9月の税額が1.10になっています。

たったの3年6ヶ月で、
1本当たり(1本/0.8g以下)50¢も値上がりしています。

 

1P当たり20gで、
0.8gのたばこが25本入っていると仮定すれば、
25本×1.10で$27.5税金を払っていることになります。

1ドルが75円としても、
税金だけで2,062円取られています。

2000円もあれば
日本でたばこ4箱も買えますけどね。

以上を要約すると、
たばこの価格が20gで$40の場合、
(売値)$40 – (税金)$27.5 =(本体価格)$12.5となります。

これで、
オーストラリアのたばこが高い
と言われる理由が分かったと思います。

日本の値上げが実に可愛らしいことを、
ご理解頂けたと思います。

13.2 Tobacco taxes in Australia – Tobacco in Australia
https://www.tobaccoinaustralia.org.au/chapter-13-taxation/13-2-tobacco-taxes-in-australia#:~:text=Excise%20and%20customs%20duty%20was%20increased%20by%2025%25%20on%2030,increases%20to%20the%20year%202020.

 

うわぁ。
ワラビー竹田
ワラビー竹田
カンガルーとよだ
カンガルーとよだ
文字通り、
お金が煙のように消えていくよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です